アストラルの翼③

男が帰ったあと、その場には女だけが残っていたはずだった。しかし、すとん、と小さく… Continue Reading →

300字SSログ

「さあ皆さん、その桜の枝で精霊を呼び出してみましょう」テキストに書かれた手順通り… Continue Reading →

青と黒が交わる点

「お前が、『ミルノ』の言っていた『後輩』って奴か」都会のミッドナイトには相応しく… Continue Reading →

冬窓 志穂と紅藤色

私はシテン。神の視点。私の色――固有の名は、紅藤色。シテンは皆、色の名で互いを呼… Continue Reading →

喫茶店と妖精の造語

「妖精を呼ぶ術を何個か覚えたのはいいのだけど」アネモネに紅茶を供しながら、華やか… Continue Reading →

『一番』の生まれる場所

アネモネの大好きな『一番』の紅茶は、オーナーさんが茶園に出向いて直接仕入れ、そし… Continue Reading →

アストラルの翼②

今日は、彼女のいる部署に顔を出す予定は無かった。現実世界で会うことはない。会った… Continue Reading →

アストラルの翼

青年を悩ませるその夢は、鈍く重いものだった。背中に生えた翼は二枚だが、二枚ともが… Continue Reading →

「疲れちゃったときには、一緒に紅茶を飲みましょう」

「疲れちゃったときには、一緒に紅茶を飲みましょう」旅人の前で、アネモネは落ち着い… Continue Reading →

ハーブのど飴と小さなブラックホール

「少し意外だった」ハーブの入ったのど飴を平気で舐めているアネモネを見て、ロアが言… Continue Reading →

« Older posts

© 2023 六種銘菓BOOKS — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑